ダーツライブ200sの接続方法やスタンドの設置方法など

したがっては電源ON!

さて、このダーツライブ200Sだけど、USBケーブルでの給電か、電池に頼むことの為に動きます。電池を使う状況、電池の残量が少なくなると誤動作・誤対応の原因となるようなので、可能だとUSB給電をしたほうが良いと思われます。ケーブルやコネクタは標準的なandroidスマホなどにも利用するものと同じそういうわけで、USBケーブルを電源ソケットにつなぐアタッチメントがあると、PC等に繋がなくていいので楽。

そんなわけでは、USBケーブルそれとは逆に電池を付けたら、電源を入れましょう。電源の入れ方は、右下の電源ボタンを長押しではないでしょうか。電源が入ると電源ボタンが光ります。

 

スマホ・タブレットにBluetooth接続をしよう
このダーツライブ200Sは、単体ならゲームなどが無理だと思います。スマホやタブレットにダーツライブ200S向けのアプリをインストールし、スマホとBluetooth接続をしなければならないのです。第一はアプリを入手するといいでしょう。勿論料金なしです。

続いてBluetooth接続とはいえ、何よりもボード左下のBluetoothボタンを長押ししているのです。したら点滅が始まるので、スマホやタブレットのBluetooth接続実行でペアリングがすることができるのと同様になってしまうのです。

 

接続を終えるとBluetoothランプは点滅ということより点灯にかわります。

その他にはダーツボードの認証でしょう。アプリを立ち上げましょう。

初回起動でパスワードと見なされてアプリに4つの結果が表示されるでしょう。ダーツボード盤面の普遍的な数字のことを押して入力するといいでしょう。

これで認証は完了ではないでしょうか。また、同時に認証することができる(活用することができる)スマホ・タブレットは1台を鵜呑みにして、別の端末を認証すると古い端末は検証することが解除され、ゲーム内の仮想カードの知識はなくなってしまうので注意することをお勧めします。

更には投げまくれ!
更にはタブレットの画面をタッチしても、ダーツボードの赤と黄色のボタンを用いることでも、実機のダーツライブ2と遜色なく操作が可能なのです!カウントアップの場合でもなんでもいいので試してみると良いと考えます!

今回でダーツライブ200S・ダーツボードスタンドの設置に対しての記事はフィニッシュです。所要時間は90分ほどといった要所でしょう。僕は記事のため写真を撮りながら内容たので、このニュースで予習を、サクサク組み立てるあなた自身なら60分位で完結することもあります。

まずダーツスタンドの設置も簡単には大変なのかな?

と想像していましたが、中間のPCスチールラックの仕組と共通した仕組みで、拍子抜けでした。

これでしたら昔ダーツボードを部屋に管理する時、壁に据え付けはしないほうが正解だったなと推定されます…。

ダーツボードを家に設置実施するということは手間暇そうな気分や早い時期費用(ダーツボードスタンドとボードで3万円くらい)もそれなりに実践するため、抵抗があることも想定されますが、逃げずにダーツをしようと思うなら一目で元はとれますし、たちまち家投げを始めれば始めるほど、専門ショップで投げるはずだった分得した理由よって、一番いいのは購入の検討を行ってみるといいかと想定されます。

 

それでは皆さん、楽しいダーツ200sライフを!